×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

シワはあなたが生きてきた人生の証なのですが・・?

シワってやっぱり気になりますよね?生きてきた証といってもやっぱり気になるのがシワですね。誰でも年はとるのですが、老化現象の代表格といわれるシワだけは増えて欲しくないと思うのが人情です。特に女性の場合は気になりますよね・・シワだけは。特に目下のシワや目元のシワは許せないと思っていませんか?シワは年齢とともに目立ってくるものですが、なぜ目元とか口元、はてはおでこ、首まで・・・気になる場所ばっかりにシワは目立つのでしょうか。若いころは気にならなかったシワ・・というより若いころのお肌と今では、お肌のみずみずしさ、張りが全然ちがいますね。シワは筋肉の運動によって一時的にできる、皮膚のみぞなのです。表情の豊かな人ほどシワは早くできやすくなります。
また神経質でいつもイライラしているような人も早くシワができる傾向にあります。かといってシワを恐れていつも、無表情な能面のような毎日を過ごすのもかんがえものです。
シワのできるメカニズムを勉強して、少しでもシワができるのを遅らせる工夫をすることが一番です。

シワはあなたの老化現象の現れです。

誰でも人は年をとります。老化現象のひとつといわれるシワができることは避けては通れません。しかし、あなたの努力次第でシワができることを遅らせることは可能です。シワは20代後半から徐々に現れはじめます。これは統計的なデータですが、30代後半になると目じりからこめかみに向けてシワが放射線状に出てきます。俗にカラスの足跡と呼ばれているものです。40代前半は各部分のシワが深くなってあごの下、襟足など目立ってきます。40代後半は目の下のシワ、目元などもシワが目だってきます。そして50代から60代に欠けては鼻の上や二重あごといった現象が出てきます。統計的とはいえ上記の年代とは関係なく、シワが出ている人もいますよね。例えば30代でも二重あごになっている人とか・・・これは太っている人かもしれませんし、極端にお手入れなしでたるんでいる人かもしれません。シワは老化現象ではあるけれど、結局はお手入れ次第で、差が出るということを皆さん、自覚して欲しいです。

スポンサード リンク

シワはお手入れ次第で差がでます。

シワができるのは年をとるにしたがって、皮膚の弾力性が衰えるからです。皮膚の組織の成長が終わる24〜25歳ごろから肌の衰えも始まります。この加齢はみんな平等に訪れるものです。しかし老化という現象は、人それぞれです。若いころの生活環境もおおいに老化の原因を作っています。皮膚の老化の大敵は「紫外線」です。若いころの日焼けなどは皮膚を乾燥させ、皮膚内部の組織を乱し老化を促進させます。日焼けによる色素沈着などは目で確認できますが、皮膚内部の組織破壊は見えないだけに、知らず知らずに進行していくのです。これが加齢という現象の中で、皮膚の弾力性が失われていくことに拍車をかけるのですから、あなどれません。皮膚の弾力や水分を保つ可溶性コラーゲンというものが「紫外線」が原因で不溶性のコラーゲンに変わってしまい、皮膚の弾力や保水性を失わせ、美しい肌の条件ともいえる張りや弾力を失わせるのです。

Copyright © 2008 シワに悩むのは目の下ですか目元ですか?